GEMOR  豊橋のプレミアム・バーボンウイスキー専門店

愛知県 豊橋市の バーボンウイスキー専門店 GEMOR です。 厳密にはケンタッキー州、テネシー州産のプレミアムウイスキーとムーンシャイン専門店です。その他のすべてのアルコール類は一切取り扱いいたしておりません。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
04


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィレット蒸留所に蘇るノアズミル原料穀物石臼挽きの水車小屋 WILLETT DISTILLERY STONE MILL

ウィレット蒸留所に蘇るノアズミル原料穀物石臼挽きの水車小屋 WILLETT DISTILLERY STONE MILL 

ウィレット蒸留所/水車小屋
画像ここでは重すぎましたので大きいのフェイスブックページに上げときました、ご参考に、
https://www.facebook.com/takuoishida.gemor#!/pages/GEMOR/368421273184355 

2013年夏季、バーズタウンのウィレット蒸留所内では新造施設の建設ラッシュです。

約30年ぶりに施設内蒸留再開、それを機に社名もKBD(ケンタッキーバーボンディスティラー社)より、

ウィレット蒸留所に戻し、単体バーボン蒸留所として完全に蘇りました。

ケンタッキーバーボントレイル・クラフトツアーメンバー(完全に筆頭)

100年以上前の良き時代のバーボン造りを強烈に意識して可能な範疇で実践しているのが新ウィレット蒸留所です。


2013年6月、久しぶりに5日間にわたりウィレット蒸留所現会長エヴァン・クールズビーン氏と有意義な時間を共有できました。

現在、ウィレット蒸留所敷地内ではケンタッキーでは珍しい?地下駐車場完備の巨大なゲストハウス(宿泊施設)、

その地下に禁酒法時代の地下酒場スピークイージーspeakeasyなど建設中です。


そして画像の建設中の水車小屋、この水車で原料穀物を石臼挽きするための小屋です。

使用する石臼は直径120㎝くらいでしょうか、テネシー某所で眠っていた物がここで日の目を見ます。

この水車を回すために敷地内に3番目のレイク(貯水池)を建設、丘下の1番目のレイクに水流を流し込む仕組みです。

水車小屋が完成すれば大昔のバーボン造りにまた一歩近づけますね。

ウィレット蒸留所の看板バーボンのノアズミルのラベルに描かれている水車小屋が完成予想図です。


◎近況・当店の主力バーボン、ウィレット蒸留所、旧フィッツジェラルド系などの小麦系に極端に偏ってきました。

他が希薄なのはごめんなさいです。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


プレミアム&ビンテージを割とお気軽に

バーボン専門店です。


GEMOR 豊橋 バーボンウイスキー


〒441-8013

愛知県 豊橋市 花田一番町96

GEMOR

0532-33-7169


豊橋駅JR新幹線口より約200メートル
各種クレジットカード対応です。


営業時間19時~26時

不定休、主に月曜日休(祝日と貸切予約以外)
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

GEMOR

Author:GEMOR
愛知県 豊橋市のバーボンウイスキー専門店GEMORです。

1996年12月13日開業

雄大な大自然と熟練職人の技術が育んだ、ケンタッキー州産のバーボン、ライウイスキー、そしてテネシーウイスキーのみを専門に取り扱っています。

約100年前のアメリカ禁酒法時代に蒸留されたバーボン、
1930年代~1970年代のオールドフィッツジェラルド、
ビンテージのオールドボトルなど
主に現地買い付けにより常時500種類以上のプレミアムなショット・バーボンを提供いたします。
ビール、その他のアルコール類は一切提供していません。

〒4418013 
愛知県 豊橋市 花田一番町96 

0532-33-7169

定休日は月曜日です。

遠方よりお越しの方は事前に
お電話ください。

JR豊橋駅新幹線口より200M

徒歩で2、3分です。

営業時間
火曜から木曜・19時より25時まで
金曜、土曜・19時より26時くらい
日曜   ・19時より25時
月曜   ・定休日

 
検索フォーム
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。